ブログ

京都町家改修4
1階の内部です。壁が概ね仕上がっていました。なにか昔懐かしい家んおような感じですね。と言いましたが、そのようになるように工事を進めましたが・・内部の柱などは極力残して再利用しています。天井は竿縁天井で杉板は新しくしています。下屋や雨漏りがひどいので葺き替えしました。2階外壁は漆喰塗仕上げです。もうすぐ出来上がりです。
>> 続きを読む

【コラム】文活:三木楽器本店見学
文化財活用のイベントで国登録有形文化財の三木楽器本店を見学しました。ステンドグラスがなかなかよかったです。歴史ある建物を維持するのは本当に大変だと思いますが、残していこうとする対応にはいつも頭が下がります。同時に行われました、講談のワークショップでは船場とのかかわりの話もあり、猿飛佐助が講談から始まったなど初めて知ることがあり有意義でした。講談は北浜の青山ビルで毎月聞けるそうです。興味のある方は是
>> 続きを読む

京都町家改修3
今年になって初めて現場へ行きました。現場は壁の左官塗(中塗り)の施工中でした。はやり町家は塗仕上げがいいですね。2階です。天井は新しい杉板張りです。壁は中塗りでまた仕上げていきます。既存の建具はなるべく使用する方向です。懐かしい雰囲気となればいいかと思っています。
>> 続きを読む

鴉宮修理見学
大阪市此花区にある鴉宮の本殿屋根改修工事を見学できるというので見学してきました。一昨年の台風で屋根材がはがれ、雨漏りがひどくなったので補助金を利用して改修することとなりました。去年も台風被害が全国でありましたが、一昨年の大阪の台風被害対応で未だ手付かずのところがあると聞いています。以前の屋根部分は残して、その上に新しく下地をして銅板を張っていきます。ルーフィングは現在の技術のものを使用していました。銅
>> 続きを読む

【コラム】2020
2020年が始まりましたが、年始から世界では大変なことが起こっています。日本では東京オリンピックが開催され、これから盛り上がっていくものと思われます。最近の日本は水害や台風での被害など自然災害が目立ってきているように思います。そのような時期にきているとの話がありますが、やはり備えをしていくほうがいいかと思います。しかしどの様に備えるかが重要ですが、一つには逃げることも大事かと。卑怯ではなく、恐れるもの
>> 続きを読む




お問い合わせ

TEL: 06-6568-9981

□家づくり有料相談会

家づくりにつきまして設計を依頼する前に事前に相談したい場合など相談会を利用してください。災害への備えの宅地選び、永く住める家づくり、工事監理の充実などご相談ください。

完全予約制ですので、ご希望の方はメールにて「相談希望」と記載していただき、希望日時とご相談内容を記載してください

 

□雑誌『住む』2019秋号に事務所案内が掲載されています。(NEW)

□家づくりをスタートさせたい方に「家づくり入門」を差し上げます。何から始めたらいいのか分からないなど家づくりの流れを把握するのにちょうどいい冊子です。ご希望の方はメールなどで家づくり入門希望と書いていただければ郵送させていただきます。

□事務所のブログです。

京都町家改修4
>> 続きを読む

【コラム】文活:三木楽器本店見学
>> 続きを読む

京都町家改修3
>> 続きを読む

□耐震改修のすすめ

□CASBEE

設計した住宅について建築環境総合性能評価システムCASBEEでどの程度なのかを公開しました。家づくりの参考になるかと思います。CASBEEページ

□宅地アドバイス

家を建てる土地が見つかったが希望する家が建つのか、購入後に予期せぬ費用がかからないかなど、ご相談内容を宅地アドバイスほしいと記載の上メールしてください。

□設計事務所との家づくりについて、『住宅を設計する仲間達』のHPに詳細が書かれています。メリットや進め方など参考となることがあります。参考としてください。

http://www.jutaku-nakama.com/

 

□贈与税の非課税措置

親や祖父母から住宅取得資金を贈与により取得した場合、一定金額まで非課税となる制度があります。適用要件がありますので詳しくはHPをご覧下さい。

 

□耐震診断・改修補助

住宅の耐震診断をして耐震設計と工事するときに費用の補助を受けることができます。補助要件がありますので詳しくは各市町村にご相談ください。

大阪府のHP

大阪市のHP


□【企画住宅】

50㎡程度の2階建て住宅です。中庭からの採光と通風、プライバシーの確保など、なかなか面白い空間の住宅です。興味をもたれた方はご連絡ください。

 

□【企画】

大工や左官など匠と本気の家づくりがしたい、昔ながらの工法や材料で家づくりがしたいなど興味をももたれた方はご連絡ください。

大工さんや左官屋さんなどいい技術をもった職人さんがだんだんと少なくなってきています。なんとか今のうちに昔の技術と材料の伝承と新しい技術の融合ができればと考えています。