ブログ

【コラム】滋賀・五箇荘見学
滋賀県には訪れたい街並みが結構残っていて、重要伝統的建造物群保存地区の一つである五箇荘へ見学してきました。なかなか雰囲気がよく、町の方が大切に大切にされていることが伝わりました。さて、第1回文活が行われましたが、皆さんよかったとの声を頂きました。
>> 続きを読む

【コラム】文活など
最近は朝が肌寒く感じるようになっています。8月は酷暑だったのに1か月もたたないうちにこんな季節になるとは・・・ここ2、3年お手伝いしています古民家など国登録有形文化財を利用したイベントが今年も実施されます。①10/31(土) 奥野家住宅(豊中市):「蒅藍で染めを楽しむ」※定員に達しました。②11/28(土) 兒山家住宅(堺市):「瓦の拓本を通して歴史を感じる」③12/12(土) 岩根家住宅(富田林市):酒蔵で楽しむ「弁
>> 続きを読む

【コラム】防災の日
今日は防災の日です。今年も災害が起こり、また冬にかけて台風の襲来による災害が予想されています。またここ近年は災害の規模や被害が大きくなり、従来の対処では立ち行かないことが起こっています。ではどうしたらいいのか。と質問を受けそうですが、やはりまず、住んでいるところにどのような災害等が起こりそうなのか把握することから始まると思います。ハザードマップを住んでいる市町村のHPや冊子などで確認してください。こ
>> 続きを読む

【コラム】太子町散策
大阪府の東側に太子町があります。聖徳太子ゆかりの地で、奈良出身の私としては法隆寺と思ってしまうのですが、お墓などもあり、こちらのほうが濃いのかも。さて、日本最古の古道と言われています竹内街道があり、この街道に沿って見学してきました。雰囲気のある街道沿いを撮影しています。まだいい感じの建物が残っていますので、散策には本当にいいかも。叡福寺は聖徳太子のお墓があります。初めて訪れたのですが、なかなか広く
>> 続きを読む

【コラム】堺郊外散策
堺市の泉北ニュータウンあたりに桜井神社という国宝の神社があるのですが、見学に行きました。国宝の拝殿で、思ったよりこじんまりしていましたが、雰囲気のある建物でした。少し歩くと小谷城郷土館があります。本当にお城のような感じがしましたが、建物は大和棟造で内部は昔の農作業の道具や土器、鉄砲を見学することができ、なかなかゆっくりできるところでした。
>> 続きを読む




お問い合わせ

TEL: 06-6568-9981

□家づくり有料相談会

家づくりにつきまして設計を依頼する前に事前に相談したい場合など相談会を利用してください。災害への備えの宅地選び、永く住める家づくり、工事監理の充実などご相談ください。

完全予約制ですので、ご希望の方はメールにて「相談希望」と記載していただき、希望日時とご相談内容を記載してください

 

□雑誌『住む』2019秋号に事務所案内が掲載されています。

□家づくりをスタートさせたい方に「家づくり入門」を差し上げます。何から始めたらいいのか分からないなど家づくりの流れを把握するのにちょうどいい冊子です。ご希望の方はメールなどで家づくり入門希望と書いていただければ郵送させていただきます。

□事務所のブログです。

【コラム】滋賀・五箇荘見学
>> 続きを読む

【コラム】文活など
>> 続きを読む

【コラム】防災の日
>> 続きを読む

□耐震改修のすすめ

□CASBEE

設計した住宅について建築環境総合性能評価システムCASBEEでどの程度なのかを公開しました。家づくりの参考になるかと思います。CASBEEページ

□宅地アドバイス

家を建てる土地が見つかったが希望する家が建つのか、購入後に予期せぬ費用がかからないかなど、ご相談内容を宅地アドバイスほしいと記載の上メールしてください。

□設計事務所との家づくりについて、『住宅を設計する仲間達』のHPに詳細が書かれています。メリットや進め方など参考となることがあります。参考としてください。

http://www.jutaku-nakama.com/

 

□贈与税の非課税措置

親や祖父母から住宅取得資金を贈与により取得した場合、一定金額まで非課税となる制度があります。適用要件がありますので詳しくはHPをご覧下さい。

 

□耐震診断・改修補助

住宅の耐震診断をして耐震設計と工事するときに費用の補助を受けることができます。補助要件がありますので詳しくは各市町村にご相談ください。

大阪府のHP

大阪市のHP


□【企画住宅】

50㎡程度の2階建て住宅です。中庭からの採光と通風、プライバシーの確保など、なかなか面白い空間の住宅です。興味をもたれた方はご連絡ください。

 

□【企画】

大工や左官など匠と本気の家づくりがしたい、昔ながらの工法や材料で家づくりがしたいなど興味をももたれた方はご連絡ください。

大工さんや左官屋さんなどいい技術をもった職人さんがだんだんと少なくなってきています。なんとか今のうちに昔の技術と材料の伝承と新しい技術の融合ができればと考えています。