ブログ

【コラム】防災の日
9月1日は防災の日です。地震と台風のみに気をつければよかった頃から集中豪雨による河川の氾濫などによる水害やがけ崩れなどによる土砂災害の被害が毎年のように起こっています。まずは住んでいるところのハザードマップがお役に立ちますので、是非、HPで確認をお奨めいたします。ハザードマップで水害や土砂災害警戒区域内ならば、もしもの時は避難をお奨めいたします。(逃げるが勝ち?ではありませんが・・)それと日頃から身軽
>> 続きを読む

【コラム】海の博物館見学
「海の博物館」を見学しました。おそらく20数年ぶりです。あまり古さを感じさせない、いい時間が流れていました。このような写真は建築関係者しか撮影しないかもしれませんが、建物の足元はかなり大事で、地面に近いので、水にあまり悩まされていないようでした。基本をしっかりしていないと、年月が経てば、そのあたりから劣化に悩まされます。日射を避けるために、よしずによる日よけはしていました。自然素材がよく似合う。二見
>> 続きを読む

【コラム】ウッドショック
建築関係者でないと分からないかもしれないのですが、現在、ウッドショックと呼ばれることが特に住宅関係で起こっています。私も知り合いや雑誌からの情報なのですが、今年の3月以降に木材の価格が急騰していて、輸入材価格が半年で1.5倍に急上昇し、住宅価格などへ価格転嫁することが生じています。また、材料の木材が不足して、工事中断や着工の目途が立たないなどの影響が出ているようです。原因はアメリカでの住宅着工が急増し
>> 続きを読む

大阪市の建築に関する補助制度
大阪市内で建て替えなどを行る場合、地域によっては大阪市の補助を受けることが出来る場合があります。大阪市補助制度狭い道に面した木造住宅の解体や集合住宅への建て替え、戸建て住宅への建て替え、ブロック塀の撤去など防災を加味した内容もありますので、該当される方は是非ご覧ください。
>> 続きを読む

【コラム】初夏の散策
今年は季節の変わり目が早いように思われます。新緑がきれいな時期でもありますので、京都の高山寺へ青紅葉を見に行きました。画面を大きくしますと迫力がありますね。紅葉のきれいな場所は概ねこのような感じだと思います。暑くならないうちに是非・・奈良郡山の慈光院です。新緑が気持ちいい!
>> 続きを読む

お問い合わせ

TEL: 06-6568-9981

NEW!

□時代が変化する中で新しく家づくり入門のコラムを作りました。参考としていただければと思います。

場所さがし

建物を建てるなど

メンテナンスなど

□家づくり有料相談会

家づくりにつきまして設計を依頼する前に事前に相談したい場合など相談会を利用してください。災害への備えの宅地選び、永く住める家づくり、工事監理の充実などご相談ください。

完全予約制ですので、ご希望の方はメールにて「相談希望」と記載していただき、希望日時とご相談内容を記載してください

 

□家づくりをスタートさせたい方に「家づくり入門」を差し上げます。何から始めたらいいのか分からないなど家づくりの流れを把握するのにちょうどいい冊子です。ご希望の方はメールなどで家づくり入門希望と書いていただければ郵送させていただきます。

□雑誌『住む』2019秋号に事務所案内が掲載されています。

□事務所のブログです。

【コラム】防災の日
>> 続きを読む

【コラム】海の博物館見学
>> 続きを読む

【コラム】ウッドショック
>> 続きを読む

□耐震改修のすすめ

□CASBEE

設計した住宅について建築環境総合性能評価システムCASBEEでどの程度なのかを公開しました。家づくりの参考になるかと思います。CASBEEページ

□宅地アドバイス

家を建てる土地が見つかったが希望する家が建つのか、購入後に予期せぬ費用がかからないかなど、ご相談内容を宅地アドバイスほしいと記載の上メールしてください。

□設計事務所との家づくりについて、『住宅を設計する仲間達』のHPに詳細が書かれています。メリットや進め方など参考となることがあります。参考としてください。

http://www.jutaku-nakama.com/

 

□贈与税の非課税措置

親や祖父母から住宅取得資金を贈与により取得した場合、一定金額まで非課税となる制度があります。適用要件がありますので詳しくはHPをご覧下さい。

 

□耐震診断・改修補助

住宅の耐震診断をして耐震設計と工事するときに費用の補助を受けることができます。補助要件がありますので詳しくは各市町村にご相談ください。

大阪府のHP

大阪市のHP


□【企画住宅】

50㎡程度の2階建て住宅です。中庭からの採光と通風、プライバシーの確保など、なかなか面白い空間の住宅です。興味をもたれた方はご連絡ください。

 

□【企画】

大工や左官など匠と本気の家づくりがしたい、昔ながらの工法や材料で家づくりがしたいなど興味をももたれた方はご連絡ください。

大工さんや左官屋さんなどいい技術をもった職人さんがだんだんと少なくなってきています。なんとか今のうちに昔の技術と材料の伝承と新しい技術の融合ができればと考えています。